Nov 1, 2018

「再生医療 ←→縮毛矯正」がくっついた!

いつもありがとうございます。

皆様から多くのご予約をいただいて感謝しております。

 

 

感謝の気持ちを込めまして・・

 

さらにCISTAの縮毛矯正が進化いたしました♩

 

再生医療 ←→縮毛矯正がくっついた!

 

 

インパクトは強いけど、

 

・・で何なの?

って思いませんでした?

 

 

ご説明します。

 

最近、医療技術と美容との結びつきが多くなってます。

いろんな商材が出てきてます。

 

その一つに、人工関節やインプラントなどが体内で拒否反応を

起こさないようにカバーする技術があります。

 

今、CISTAの縮毛矯正で使用しているのは、そこからヒントを得て開発された

新しい素材です。

 

具体的に申しますと今まで縮毛矯正をかけている方で、

年齢が上がってきますと、加齢により髪の内部が変わってきます。

毛が細くなり弱い毛になってきてしまいます。

もともと傷みやすい髪の方も同じような感じです。

カラーやパーマなどの繰り返しでなってる傷み毛も近からず遠からず。

 

そこで縮毛矯正をその状態の髪の毛に施術していくと、

もちろんすごくリスキーです。ジリジリになる可能性も常にあります。

 

それでも今までCISTAでは、そのギリギリを狙ってアプローチしていました。

 THE 職人技です

その結果、多くのお客様にご予約いただいてます。

ありがとうございます♩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて例えると今までの「THE 職人技」は攻める技術です。

隙をねらってギリギリのピンポイントを突く「槍」です。

「槍」は鋭すぎても、なまくらでもダメなんです。

ただピンポイントで決まるワンチャンスです。

 

そんな中、

今回進化いたしました

再生医療←→縮毛矯正」では

自動で鋭さを調整してくれる装置みたいな

 

「都合のいいもの見つけました」♩

 

働きとしては、

「壊れた毛髪結合を見つけて再構築し、ダメージを修復します。」

 

 

なんか

アメージング⭐︎☆

 

すばらしいですね。

 

どんな条件下でも効く万能薬みたい。

でもこれはメーカーの言うことです。

 

、な訳ない。

 

ちゃんと良い使い方はありました。

 

ヒ ミ ツなのだ。

 

もったいぶって言わないけど、

ホントははたいしたもん隠してません。

スミマセン。

 

ただ仕上がりは3段飛ばしでより良くなりました!

前髪やこめかみ周辺、フェイスラインが特に良くなってます。

 

いかがでしょうか?

 

他店での失敗直しも、この進化した縮毛矯正でバリバリ対応してます♩

最近けっこうひどい失敗を見ることが多いです。

 

もし困ってたら、ネット予約のお問い合わせをご利用ください。

基本24時間以内には返信します。

できなくても、もう1日待ってとかのお返事します。

 

※来週前半はシンガポール出張なのでその期間はスミマセン。

 

 

 

でした。

 

 

シスタ

矢田

 

 

 

 

 

RESERVA予約システムから予約する

関連記事