縮毛矯正の「うまいサロン」とは?

サロン内の技術レベルのバラつき

専門店ではなく、普通のサロンの「縮毛矯正」メニューの位置づけはやはり片隅であることを述べましたが、なかには「縮毛矯正が得意だ!」と自己紹介している美容師も少なからずいらっしゃいます。

しかし残念ながら、マンツーマンで顧客対応するサロンばかりではなく、チーム制で仕事をこなすサロンも数多くあるので、そのようなサロンではいくら一人の縮毛矯正の得意な美容師がいたとしても、スタッフ連携による仕事は期待できないでしょう。

それは「技術レベルが人によりけりバラバラ」ということが原因で起こることであって、マイナー施術である「縮毛矯正」のレベルをスタッフ全員が向上させることは無理に等しいです。

カットやカラー、トリートメント技術ならば体系化しやすく、技術レベルの底上げは難しいものではないのですが、縮毛矯正はもとよりパーマ類は「サロンスタッフのレベル統一」は難題となります。

唯一の解決方法は、人材採用の際に縮毛矯正が好きで得意だという、人材だけを採用すれば解決するのですが、現実的ではないのでここでは割愛いたします。

担当してくれるのは、複数で?

サロンワークの生産効率を上げるには、どうしても人の手が必要になるくもので、より多くの人数でチーム制の仕事をこなすほうが、効率は良いといえます。

一人サロン以外の多くのサロンでは、一人のお客様にスタイリストとアシスタントのヘルプが付くことで施術の効率を良くしています。

サロンにとっては効率が良くいい方法なのですが、お客様にとってはどうでしょうか?
スタイリストはお客様が指名した美容師だとしても、へるヘルプに入ったアシスタントに全てを任せたいとは思っていませんよね。

通常通り、サロン側は当たり前の人的配置をして施術に当たっているのですが、お客様にはどう受け取られているのでしょうか?
あくまでヘルプありきの施術は、サロンの都合上当たり前になっているだけで、お客様はそれを望んでいません。

低価格帯の回転数を必要とするサロン形態ならば問題ないのですが、専門性を少しでもウリにするならば、やはりマンツーマンでの施術で対応したほうが実は労働生産性も高く、顧客満足度も高いのではと考えられます。

複数人での技術的なデメリットを挙げておくと、やはり個々の技術レベルの差が一つの頭の中で起こってしまうことがいえます。

その技術レベル差が美容師によって大差なければいいのですが、差があればあるほどお客様が気づきやすく、その結果顧客満足度が下がるという事態に陥ります。

作業工程を役割分化することは、労働生産性も上がりプラスの効果ご期待されますが、ヘルプ施術などの「手分け施術」はサロンにとってはいい効果があるとは思えません。

複数人での手分けしての施術と、縮毛矯正のとの相性は必ずしもいいわけではなく、結果的に施術時間が早くなるだけになってしまうので、生産性を上げながら施術の完成度を上げていくことが、縮毛矯正で売り上げを作るのことの大事なところではないでしょうか。

やはり、縮毛矯正が「うまいサロン」と呼ばれるサロンには、一定水準の技術的な統一感を持っていることがほとんどで、縮毛矯正が得意なスタッフもそうでないスタッフも安心して施術が行える工夫がされていると考えられます。

スタッフレベルがフラットな状態になるまでは、無理に同時施術をして「時間短縮」を狙うのではなく、マンツーマンでも生産性が下がらないような「料金設定」をして人を育てることからしていくことが、「急がば回れ」となって近道となるかもしれませんね。

「サロン」としての品質にこだわるか?

美容師の仕事はスタイリスト毎によって、まるで違うものを作り上げる「芸術家」のようなものだと言われていますが、一方で技術に関してもそれぞれの得意不得意もあって、技術レベルの均一化を図ることは困難であると言わざるを得ません。

たとえば、美容師の中にもカットが得意な者もいれば、カラーリングの技術に長けているものもいるし、アシスタントであってもシャンプーが得意な方もそれぞれが持ち味を活かして切磋琢磨しているのが、「美容業」という世界を形成しているのだと言わざるをえません。

ここでは、「縮毛矯正のサロン品質」について申し上げるので、縮毛矯正が得意だ!と言える美容師の割合が少ないことは理解しつつ、それでもお客様が「サロン替え」をするときは、サロン単位での検索をしている事実もあるので、サロン品質の重要性をみていきます。

縮毛矯正を希望されるお客様にとって、サロン側に求める「品質」とはどんなものがあるのかから、説明いたします。

まずは、一丁目一番地となってしまいますが、「クセを伸ばす」ことが最重要であることには全ての美容師においても相違ないと思われますし、これを前提にしてクセを伸ばす以外のプラスアルファに対してお客様はベネフィットを判断しているというのが現実といえるのではないでしょうか。

例えるなら、とんかつ屋さんで食事をしたとして、多くのお客様はとんかつのおいしさは他店との来店にあたる判断基準となりますが、そもそも「白飯」が不味かった場合、そのお店に再来店して同じとんかつをご注文いただくでしょうか?

答えはNOですよね。やはり何かを比べるときに「絶対条件」というものは存在するので、その条件をクリアして初めて、お客様による「競合店との比較」がはじまるわけです。

このことからも、まずはあなたのサロンが「クセを伸ばす」ことを高いレベルで達成することが重要で、そこまでのサロンとしての統一は必要であるといえるでしょう。

サロンの提供できる「品質」とは、絶対条件の担保ということがわかったので、これらの絶対条件の改善を徹底するだけでも「地域1番店」になれるのかもしれません。

「サロン」としての品質にこだわるか?

美容師の仕事はスタイリスト毎によって、まるで違うものを作り上げる「芸術家」のようなものだと言われていますが、一方で技術に関してもそれぞれの得意不得意もあって、技術レベルの均一化を図ることは困難であると言わざるを得ません。

たとえば、美容師の中にもカットが得意な者もいれば、カラーリングの技術に長けているものもいるし、アシスタントであってもシャンプーが得意な方もそれぞれが持ち味を活かして切磋琢磨しているのが、「美容業」という世界を形成しているのだと言わざるをえません。

ここでは、「縮毛矯正のサロン品質」について申し上げるので、縮毛矯正が得意だ!と言える美容師の割合が少ないことは理解しつつ、それでもお客様が「サロン替え」をするときは、サロン単位での検索をしている事実もあるので、サロン品質の重要性をみていきます。

縮毛矯正を希望されるお客様にとって、サロン側に求める「品質」とはどんなものがあるのかから、説明いたします。

まずは、一丁目一番地となってしまいますが、「クセを伸ばす」ことが最重要であることには全ての美容師においても相違ないと思われますし、これを前提にしてクセを伸ばす以外のプラスアルファに対してお客様はベネフィットを判断しているというのが現実といえるのではないでしょうか。

例えるなら、とんかつ屋さんで食事をしたとして、多くのお客様はとんかつのおいしさは他店との来店にあたる判断基準となりますが、そもそも「白飯」が不味かった場合、そのお店に再来店して同じとんかつをご注文いただくでしょうか?

答えはNOですよね。やはり何かを比べるときに「絶対条件」というものは存在するので、その条件をクリアして初めて、お客様による「競合店との比較」がはじまるわけです。

このことからも、まずはあなたのサロンが「クセを伸ばす」ことを高いレベルで達成することが重要で、そこまでのサロンとしての統一は必要であるといえるでしょう。

サロンの提供できる「品質」とは、絶対条件の担保ということがわかったので、これらの絶対条件の改善を徹底するだけでも「地域1番店」になれるのかもしれません。

>縮毛矯正の達人

縮毛矯正の達人

艶と柔らかい縮毛矯正は誰にでもできるものではありません。縮毛矯正の技術は経験と勘がとても大切です。何歳になっても髪は女の命です。艶と柔らかさを実感できる縮毛矯正をご堪能くださいませ。 ご予約はネット予約とお電話をご利用ください。 045-531-5550

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。