酸熱トリートメント(髪質改善)の失敗も直しますよ!

いつもありがとうございます😄

今記事は「酸熱トリートメント」や「髪質改善」によって傷んだ髪の毛について書いたものになります。
最近あまりにこの手の「失敗」をされてしまった方が多いので、これらの特徴や現在困っている方が身近にいらっしゃったらご紹介いただければ、確実に直る保証はできませんが、最善は尽くすのでご相談ください。

また、「髪質改善・酸熱トリートメント」の失敗について、WEB検索をしていてこのページにたどり着いた方々に関しても、ある程度の回復は期待できるので早めにご相談いただければと考えています。

というのも、失敗してしまったサロンで「お直し」をすることは私としてはあまり勧めていないのですが、その理由としてそもそも酸熱トリートメント・髪質改善で毛髪に大ダメージを与えてしまう美容師さんは、ほぼ知識が乏しいと言っても過言ではないと思います。

これらの薬剤について、本来は「魔法の薬」のような枕詞で登場してきた薬剤なので、髪のダメージになりにくいというのは本当のことなんです。ただし、一番最初に開発したメーカーが後発組として商品化してきた経緯があるので多少闇を感じてしまいますが・・。

ここで一つおことわりをしておくと、「酸熱トリートメント」は言葉として間違いないのですが、「髪質改善」については元々業界内であった別ものと、酸熱トリートメントの登場でごちゃ混ぜになってしまったものとが存在しています。

こちらを詳しく触れてしまうと、さらに分かりづらくなってしまうので、本当は真面目にやっていた同業者もあるのだ、ぐらいの認識でこのまま進めていきます。

ちなみに、CISTAでは上記のメニューは表に出していないのですが、裏メニューとしては発売当初から存在しています。
覚えている人はご存知だと思いますが、縮毛矯正とは別名にしてメニュー化していた時期もわずかですがありました。

なぜ、CISTAが別名かつ短期で表メニューから消してしまったかというと、混乱と立ち位置の難しさがあったからです。
混乱とは、施術効果の売り出しが「縮毛矯正」と被る点が多く、本来縮毛矯正でないと歯が立たないような「クセ毛さん」たちもそちらのメニューに気が向いてしまうことで、お客様への説明の難しさを懸念してのことです。

たとえば、専門用語を並べて「理論的」かつ「感覚的」に説明することはできるのですが、そもそものベースが違ってしまうと理解するまでにかなりの誤解が発生してしまいます。
絡まってしまった誤解を解くことは非常に大変な作業なので、表向きに打ち出すことをやめたということが事実です。

たとえば巷で言われている「酸熱トリートメント・髪質改善」の宣伝文句です。

    縮毛矯正とは違ってトリートメントなので傷まない
    縮毛矯正よりも髪を傷めずに、クセが落ち着く

最近流行りの髪が綺麗になるトリートメントです。

ちょっとでも「縮毛矯正」に不満があると気になってしまいますよね。
混乱しますよね。

これと同じようなものですが、「じゃ、私にはどっちがいいの?」ってなりますよね。
私がハッキリと言えるのは、「クセを伸ばすなら、縮毛矯正一択です!!!」とだけ明言できます。
こうして先程の「立ち位置問題」に対応しています。

では裏メニューとしてお勧めしている方は、どんな方かというと一言で「縮毛矯正」ではどうしても不都合が出てしまう方や、全くクセがないけど髪の毛を扱いやすくしたい方が挙げられます。
今現在CISTAで裏メニューをされる方もほんのごくわずかなので、私から勧められたら「裏メニューきたなー」と思ってください😆

(ここまで1500文字。続けるか後半記事として分けるか・・悩み中)

・・・。

いっちゃえ!😂😂

ここから、勝手に後編。として切り替えます🙀

酸熱トリートメント・髪質改善の失敗の特徴としていくつか箇条書きにてご案内いたします。

    多く見られる特徴は、髪のゴワつきときしみ、さらに髪が硬く感じられます
    昔の縮毛矯正のような、真っ直ぐな針金のような毛髪となることもあります。
    クセが伸びないので、若干落ち着くが「クセのうねり」はそのままで広がる。
    襟足やフェイスライン、アホ毛などがジリジリになり断毛も見受けられる
    薬剤の匂いがくさい😭

以下、簡単に解説していきます。

酸熱トリートメント・髪質改善で使用される主原料としては、グリオキシル酸が一般的ですがこの薬剤の特徴としては、匂いがくさくて強い酸性だということです。

強い酸性ということは、髪が収斂するということです。感覚的にいうと髪が「キュっと」縮こまることです。きしみ易くなり硬い髪の印象になります。
補足すると、髪の毛は「酸」と「アルカリ」の両方のPH域で目的に合わせて、化学変化を起こしていきます。

また、針金のような真っ直ぐな髪になってしまう原因は、ヘアアイロンの操作が未熟であるためといえます。
ちょっと偉そうに言えば、「ただ伸ばせば、いいってもんじゃないぜ!」と呟きたくなるのですが、実際ホントです。

髪に「R」を「丸み」をつけるためには、肘・手首・指そして膝を使って自然な丸みを表現していきます。
(なんかそれっぽい?)

ま、その辺がまだまだひよっ子さんが、陥る失敗ということです。(偉そうにしてスミマセン)

😚😚😚😚😚😚😚

その他の失敗も、ヘアアイロンの操作とそもそもの「酸熱トリートメント・髪質改善」の性質を全く知らないで施術している美容師に当たってしまったことが不運だったと言わざるをえません。

なぜなら、薬剤としてクセは伸びないのにジュウジュウとアイロンでプレスするものだから、伸びないって言ってるのにムキになる人(美容師)いるんですよ、根本の原理がわかってない人

そんな人が、断毛や焦げコゲの髪の毛を作ってしまうのです。
(思っている以上にヤバい系の美容師さんは実は多いです)

上記これらが酸熱トリートメント・髪質改善の失敗で多く見られるところですが、いかがだったでしょうか?
経験済みの方には蒸し返すようで、心苦しいのですがたぶん否定はされないと思われます。

では、ここからはそんな失敗で悩まれている方にも朗報でございます。

絶対とは言い切れないのですが、「髪が直る✨」ケースも多いというのが個人的な感想です。

ほとんどの場合、髪が収斂してクチャクチャによじれてしまったところに、カチカチに固まるコーティングを施して仕上げたような状態の方が多いです。

これを感覚的に申せば、まずカチカチコーティングを溶剤で溶かしてほぐしたところで、髪の毛をストレッチさせるようにキレイに整えていきます。

説明では簡単に聞こえてしまいますが、失敗直しの施術としてはこんな感じです。
なんか簡単にできそうでしょ😆ムズイんだけどね・・。😂

ただし、極めて直せないケースとしては、アイロンで焼いてしまった毛髪についてです。
というのも、焦げ焦げな髪の毛はすでに「髪の毛みたいなもの」となってしまっていることが予想され、
元素記号で言うところの「C」となっている場合もあります。(カーボン・炭素)ですね。

こうなってしまうと、どんな薬剤を使用しようが「髪からの反応がない」のですね。
こちらの状態の方には根本的な回復は望めないので、トリートメントなどで誤魔化していずれCUTする方針をお勧めします。

(あ、ヤバい。もう3000字。フィニッシュにいくね💦)

これまで酸熱トリートメント・髪質改善についての問題点とそれを扱う美容師についてご説明してきましたが、これだけはハッキリさせておきたいのは、「どんなものでも使い方次第」ということは声を大にしてお伝えいたします。

もちろんCISTAでも裏メニューとして、酸熱トリートメント・髪質改善は活躍していますし、いい働きをするなー!と感心することも多々あります。

発売当初にメーカーの研究者の方と直接お話しさせていただいた時に、ワクワクしながら会話していたのを覚えています。

それだけに惜しい気持ちが私にあるのでしょう。
流行り物の宿命と言ってはそれまでなのですが。

最後に、商売人として発言させていただければ、
縮毛矯正よりも「安いからといって、飛びつかないでください」

でも、飛びついて火傷したらCISTAへいらしてください!!
できるかぎりはキレイにさせていただきます!
コロナ対策もバッチリです!!

CISTAシスタ綱島

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。