『酸熱トリートメント』をメニュー化した訳

いつもありがとうございます😁

先日CISTAでのメニューの大幅増強をしたのですが、その中で『髪質改善』を加えたので、それについて少しご説明を致します。

というのも、『髪質改善』や『酸熱トリートメント』、『ケラチンストレート』は発売当初より導入はしていたのですが、縮毛矯正との棲み分けがあいまいになってしまうことを懸念し、CISTAの表のメニューには掲載していませんでした。

(ちなみに上記に挙げているものは表記こそ違えど、中身は同じです。)

それが今回、大幅リニューアルを致したことで、通常メニューとしたことについて少しご説明できればと考えています。

酸熱トリートメントをメニュー化した理由として、

    髪質改善や酸熱トリートメント、ケラチンストレートが圧倒的に流行っている
    縮毛矯正をかけ続けた人たちも、髪質改善へ流れている
    髪質改善の『失敗』が激増している
    CISTAが生き残るためである

なんというか、最後のは私個人の想いなので見てみぬふりをしていただきたいのですが、「髪質改善」の勢いは凄いというしかありません。

というのも、髪質改善の「謳い文句」]が絶妙で、縮毛矯正をかけ続けている人が目撃すると「いいかも!」と思ってしまう内容なのも、今回導入した要因であることは間違いありません。

クセも少し伸びて、髪が痛まなくてなおかつ「お値段がお手頃。」

そりゃ〜、触手が働くというものです。

だいたい5千円から8千円ほど、縮毛矯正に比べてお安くなるので、頻繁に施術する方でしたら45日に一回されても、何もおかしくはありません。

それ以外にも理由は色々とあるのですが、ここで「縮毛矯正」一本槍で構えるよりも「最適なご提案」をできたほうが、きっと「お客さんが喜んでいただけるだろうな」と思いが至った次第です。

なぜなら、確かにCISTAは縮毛矯正において、遠方からでもご来店いただけるサロンになりましたが、今現在のコロナ禍においては「距離=警戒心」という疑念が晴れずに、みなさん二の足を踏んで我慢している状況といえるのでしょう。

これまでは「縮毛矯正」にこだわる方々へ、足を使ってでも行きたい!と思っていただけるように努力してまいりました。

しかし、昨年から続く美容業界の状況もあまり芳しくない状況を分析した結果、今は何か一つの「得意技術」にのみこだわり続けるのではなく、お客さんがリクエストしてくれたものに全力を捧げようと想いが至りました。

美容業界としては、2020年は2割減というのが一般的でしたが、一部では2021年はそれを上回るとさえ言われています。

今はとにかく、「執着し続ける」ことなくニーズに合わせて資源を局所的に投下していくことが、求められていますし、私個人としても「生き残るためには」デキうる全てのことに挑戦していくことを、肌で感じている現在であります。

そんな中『髪質改善』には大きな失敗が付きまとってしまうことに気付かされたのは、つい最近のことです。

2021年現在の状況で申せば、縮毛矯正で失敗される方よりも「髪質改善」で髪が痛んでしまうことのほうが相談件数が多いということは、何か不可抗力が働いているわけではないので、率直に申して美容師の腕が無いのだろうと想像できます。

この方たちのご相談を受けていて、もうちょっと彼女たちの悩みや苦しみに根本的解決ができたなら、多くの人たちがきっと幸せになれるのだろうと思わずにいられませんでした。

まだまだ、多くのサロンでは時代錯誤したような仕上がりのサロンが多く存続していますが、果たしてご利用されているお客さんはどのような気持ちで通われているのでしょうか。

私の考えは「お客さんのリクエスト」にお応えできて、なおかつベストな選択ができたなら理想かなと思っていますし、私の持つ縮毛矯正の技術力を応用すると、たとえばショートヘアの方でも毛先の柔らかい「改質改善」に仕上げることも可能になります。

今後も「髪質改善」の流行はしばらく続くでしょうし、それに取って代わるトリートメントが出てくるまでは、多くの方が施術を受けられるだろうと予測しています。

CISTAとしましても、やるからにはこだわり抜いたメニューとして施術して参りますので、ぜひご利用なさってください。

ただ一つ注意事項なのですが、「髪質改善」はクセが伸びることはありません。
というのも、落ち着きはするけど「伸びない」ので、クセをしっかり伸ばしたい方には「縮毛矯正」がベストだということには変わりはありません。

「毛先のきれいな美容室」を掲げ、仕事して参ります😁
よろしくお願いいたします🙇‍♂️

CISTAシスタ綱島、縮毛矯正

 

 

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。