今日の営業写真【縮毛矯正+カラー+カット】" />

いつもありがとうございます。

今日の営業写真です。
本日のお客様は初めてCISTAへご来店の、ご新規様ですが【縮毛矯正:カラー+カット】を担当させていただきました。

こちらの方は、縮毛矯正歴は20年以上とベテランさんで、前回まで長く通っていたサロンがあったようなのですが、前々回あたりから縮毛矯正の仕上がりの様子が変わってきたそうです。

ご本人的には、「加齢毛が出始めていて..クセが強くなったようで..」とおっしゃっていたのですが、ワタシがみたところ特徴としては以下のようでした。

↓↓↓

  1. 「フェイスライン」や「えりあし」にジリジリした髪と、左サイドに『断毛」アリ
  2. バックを中心にクセは波状毛で強く、ある程度の薬剤濃度が必要
  3. バックとは対照的に、サイドの髪はダメージを受けやすい毛が多い
  4. 中間から毛先にかけて「水分」が保てなくなっており、「軽い毛」の状態

髪の毛の特徴は以上でしょうか。

ここから、施術のポイントを考えていくのですがポイントとしては、

『部位による「髪の強度」がかなり異なるので、薬剤・施術方法でコントロールが必要』

といえそうです。

全体的に「かかりムラ」もあったので、引き出したパネルの状態を見ながら施術していきます。

…で途中状態です。

右がBefore😨
左がAfterですね🤗

そして、ちょっとアップすると

Before側です。
水分が保てなくなっている状態です。
After側です。
絶妙な「熱コントロール」が効いてます✨

どうしても、「水分が保てない状態の髪」に縮毛矯正をかけると、

「シャキーーーん」と毛先がツンツンになりやすいのですが、仕上がりはいかほどか!?

↓↓↓

少しブローした状態です。

ご家庭では、ブラシかカーラー、くるくるドライヤーなど馴染んだもので大丈夫です。
毛先さえ丸まれば、なんでもウマくいくと思います。

「全然違う〜〜✨」

と嬉しそうでしたね🤗

Beforeの状態が普通になっていたから…なんて勿体無い!!

カラーも初めて白髪染めをしたのですが(まあまあ本数はありました^^;)、「白髪染めっぽく無く」透明感があるので、若く見えますね😏

CISTAからのアドバイスとしては、縮毛矯正の次回周期までの間に「カラー+トリートメント」をしていただいて、毛先を硬くならないように気をつけることが秘訣ですよ!

とお伝えしました。

ではでは、今日はこのぐらいで。
みなさまのご参考になれば幸いです🙇‍♂️

CISTA/シスタ
横浜-綱島

最新情報をチェックしよう!

CISTAの営業写真最新記事

>「お問い合わせ」はこちらからどうぞ

「お問い合わせ」はこちらからどうぞ

「メニューについてわからない?」、 「私のダメージ毛...一言伝えてから行きたい」、 縮毛矯正をかける前に「カラーが先?、後がいい?」など気になることは【CISTA公式 LINE】にお気軽にご相談ください。また美容業界や出版、web関係の方々からのご連絡も【CISTA公式LINE】からご連絡いただけると幸いです。

CTR IMG
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。